MENU

チークネイルって何?セルフでも簡単にできるチークネイルの手順

ここ2〜3年、SNSでもよく見かけるチークネイルですが実はよく知らないって方、いませんか?
そこで今回はチークネイルのご紹介と、ネイルサロンへ行かなくてもセルフでできる可愛いチークネイルのやり方を、分かりやすくまとめてみました。
セルフネイルを楽しんでらっしゃる方、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

チークネイルとは?

爪の中央部分がほんのりと色づき、頬にチークを塗ったようなデザインからチークネイルと呼ばれています。
爪の中央部分からグラデーションがかったネイルでピンクのチークネイルが一般的ですが、パステルカラーのチークネイルも可愛くておすすめです。

 

ジェルネイルを使ってセルフでチークネイルに挑戦

セルフでジェルネイルを楽しんでらっしゃる方のためにチークネイルのやり方をご紹介。

  1. 先にプレパレーションを行った爪に、ベースジェルを塗り硬化させます。
  2. ベースカラーのジェルを爪全体に薄く塗り硬化させます。(ベースカラーがクリアの場合は手順2を省きます)
  3. チークに使うカラーをアルミホイルなどに少量出し、クリアで薄めてから、筆を使って爪の真ん中からゆるい円を描くように、爪4分の3程薄く塗り仮硬化させます。
  4. 先程塗った円より一回り小さくチークカラーを内側に塗り仮硬化させます。
  5. 好みの濃さになるまで、手順4を繰り返してグラデーションを作ります。
  6. 手順2で使ったベースカラーをクリアで薄めたものを、筆で爪全体に塗り硬化させます。
  7. トップジェルを塗りしっかり硬化させ、ジェルがはみ出ていないか確認し完成です。

チークネイルだけでは物足りない方は、チーク部分にホログラムやラメを入れても可愛く仕上がりますよ。

 

 

 

ポリッシュネイルを使ってチークネイルに挑戦

ジェルネイルより手軽に落とせるポリッシュネイル(マニキュア)でも、チークネイルはできます。
ここでは王道で人気のある、白ベースにピンクのチークネイルでご紹介します。

 

  1. お持ちのベースコートを爪全体にムラなく塗ります。
  2. ベースカラーに使う乳白色のポリッシュネイルを爪全体に塗ります。
  3. 透明感のあるピンク、もしくはうすめ液でうすめたピンクを爪の中央部分から円を描くように4分の3程塗ります。
  4. 先程塗った円より一回り小さくうすいピンクのポリッシュネイルを内側に塗ります。
  5. 好みの濃さになるまで、手順4を繰り返してグラデーションを作ります。
  6. 手順2のベースカラーに使った乳白色のポリッシュネイルをうすめ液でうすめてから爪全体に薄く塗ります。
  7. トップコートを塗って完成です。

 

筆を使ってのグラデーションが上手くできない方は、百均に売っているアイシャドウ用のチップを使ってチークネイルをしてみるのもおすすめです。
自分のやりやすい方法を見つけてチークネイルを楽しみましょう!