MENU

意外と知られていない、結婚式へのお呼ばれ時のNGネイルとOKネイル

華やかな式へお呼ばれした時のネイル、いつもよりも少しゴージャスにと考える方も多いかと思います。
ここでは、結婚式へお呼ばれした時にやってはいけないNGネイルをご紹介しています。
近い内に結婚式や披露宴に出席する予定のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

結婚式に出席する際のネイルデザインNG例

ヒョウ柄などのアニマル柄は、華やかで好む方も多いですが殺生をイメージさせてしまうので結婚式などのお祝いの席には向いていません。
他にも、派手な3Dネイルや大きめのストーンをたくさん使ったネイルも結婚式の主役である花嫁より目立ってしまう可能性があるため、不向きと言われています。

 

結婚式に出席する際のネイルカラーNG例

おめでたい席なので、暗い印象を与える黒色や濃い紺色などのカラーのネイルも避けましょう。
また濃い目の派手すぎる赤色などのカラーも、目立ちすぎてしまうため結婚式ではおすすめできません。

 

結婚式に出席する際のネイルデザインOK例

結婚式へのお呼ばれ時は、着ていくドレスや着物に合わせたデザインで清楚な印象を与えるものがおすすめです。
派手すぎず、地味にならないことが鉄則ですがネイルサロンでのオーダーにお困りの時は着ていく服装のイメージを伝えると良いでしょう。

 

意思疎通の苦手な方は、着ていく服装を携帯で撮影しておくとイメージが伝わりやすくなりますよ。
定番人気は、フレンチネイルに小粒なパールやストーンを乗せたものです。

 

 

 

結婚式に出席する際のネイルカラーOK例

清楚カラーの代表と言っても過言でない、淡いピンクや少し華やかな雰囲気のあるゴールドベージュなどが結婚式のお呼ばれネイルにも人気があります。

 

ネイルチップをつけて結婚式に出席する場合

仕事上ネイルはできないけど、せっかくの結婚式だからとネイルチップをつけて結婚式に出席される方もいらっしゃるかと思います。
ネイルチップの取り扱いに慣れてない方は、ネイルチップが原因でストッキングを伝線させることがないように気を付けましょう。
心配な方は予備のストッキングを用意しておくと安心ですよ。

 

結婚式へ親族として出席する時は

結婚式や披露宴であいさつ回りをする機会のある、親族としての出席は友人や知人としての出席より、ネイルにも気を使わなければなりません。
幅広い年齢層の方に好印象を与えるネイルにしましょう。
デザインやカラーはもちろんのこと、清潔感の感じる爪の長さになっているかも大切です。